スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙制度

私がふと思いついた奇抜?なアイデアです。
どの選挙でも大体そうですが、現職議員が当選する場合が多いでしょう。
特に市町村議会議員選挙ではそうでしょう。
選挙活動のときだけ調子のいい事を言っていますが、これではあまり進歩は望めないですね。

なので、現職議員の枠は定員の半数ほどにして、残りは新人または、2期ほどを置いた元議員。
つまり現職議員の中でもはげしく競争させるのです。
そうすれば実績を上げようとして努力するのではないでしょうか?
そしてお金のかからない選挙の実現ですね。

今の選挙制度では新人が立候補しにくいでしょう。
立候補しても名前の売れた現職ばかりが当選してしまう。
落選したらお金も無駄になるし、最初からあきらめている人も多いでしょう。

議会の多くを新人にし、新人の斬新なアイデアと、ベテラン議員の経験や人脈を合わせていい政治を・・

新人が少数では、斬新なアイデアもつぶされて終わりですからね。

それは、市町村レベルでできるのか、国の法律を変える必要があるか私にはわかりませんが、どっちにしろ自分が連続して当選したい議員がそうしようとは思わないでしょうけど。
選挙区がわかれている国政選挙等では難しいかもしれませんが、市町村議員選挙ならできないことはないと思います。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。