スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙の投票率

最近の投票日にはくどいほどの、市役所から投票に行きましょうの放送があり、街宣車も頻繁に回っています。
投票率アップの為だとは思いますが、どれだけ効果があるのでしょうか?
もちろん効果が0だとは言いませんが、目に見えるほどの効果があるとは思えません。
しつこすぎると逆効果になることも考えられます。
余計なお世話を完全に超えています。
市役所は市民を奴隷のように考えているのでしょうか?
どっちにしろ、完全に市民を見下していますよね。

投票率が上がらないのは政治に関心が無いからでしょう。
誰が当選しても政治は変らない。
あとはいちいち投票所まで行くのが面倒。
そんな想いが強いのでは無いでしょうか?

それを無理矢理投票率アップさせようとしてか、住民の迷惑なんかお構いなし、暴挙とも言える役所のやり方。
何というか頭が固い、感覚がずれてる、馬鹿等々・・
何かあると、広報、規制等々・・、考え方が安易過ぎます。
住民がやりやすいような方法を考えようとする想いなんて皆無なんでしょうね?
民間なら必死に努力するような場面でも、役人は仕事が無くなることも、給料が減ることもないので、怠けているとしか思えません。
与えられた仕事をこなせばそれでいいと思っているのでしょう。
独裁政治とまでは言いませんが、それに近いかもしれません。
住民は意見を言うことは出来るが、何も変らない。
そんな感じです。

以前から言われていることですが、やっぱり選挙制度の改革をして欲しいですね。
インターネットの活用をし、迷惑で意味のない名前連呼だけの街宣車は廃止。
投票もネットや携帯からも出来るようにする。
そうすれば選挙運動のお金も節約できるだろうし、もっと若者の関心も高まり、投票率も上がるでしょう。

どうしてなかなか改革をしようとしないのでしょうかね?
他にやることがたくさんあるから?
それとも今のままの方が、力や金を持っている政治家が選挙で有利だから?
でもこのままだと、政治自体が変らないような気がします。
人脈のある人ばかりが当選してしまいそうです。



スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。