スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡、福島第一原発

当初予定していた、今後建設する防波堤の高さは12mだったらしいが、福島第一?の津波が15m
だったらしく、15mの防波堤に変更したらしいです。
で、何が言いたいかというと、考え方がすごく安易だと思いませんか?
津波が防波堤を越えたらおしまいと言うことでは無いと思いますが(他の対策もあると思いますが)、
いつも過去の事例を参考にして、そのぐらいのものしか作らない。
特に原発は事故が起きると深刻な状態になるので、もっと思い切ったことが出来ないものかと思います。
電気料金が少しぐらい上がってもいいので、もっとしっかりとした対策をして欲しいものです。


福島第一原発は、最近になってやっと、ラジコンヘリなどの映像が公開されるようになりましたね。
もう事故から一ヶ月ですよ。

事故が起きないことが前提だったからなのか、事故が起きたときのマニュアルは無かったようですね。
お粗末過ぎます。
それを作ると安全だと思われなくなるからでしょうか?
安全と言いたいために、事故対策を考えなかったとしたら、馬鹿げています。
最悪のことまで考えて、細かく事故処理方法を考えておくべきでしょう。

ちなみに、私は原発の存在自体は否定しません。
新エネルギーが確立されるまではあってもいいと思います。
あり得ないと思いますが、たとえ蒲郡に原発を建設すると言われても反対はしません。
経済的な効果もあるみたいですし、今回の事故でもっと安全対策がされるでしょうしね。
観光への影響は分かりませんが。

今回の事故で原発は危険なものになったではなく、
危険だったのは今までで、対策後は今までより危険が少なくなるという考え方もあります。


スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。