スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の火災予防運動

このような放送が昨日今日と、けたまましく鳴り響いていました。
いつまで続けるつもりでしょうか?
しかも、必ずと言っていいほど、わざわざ最初から繰り返す。
ところで、予防運動とは何でしょう?
言うまでもなく、火災予防なんて常時するものでしょう。
火事が起きやすい時期、起きにくい時期に関わらず、火の扱いに注意するのは当然ではないでしょうか?
どうして期間を決めてそのようなことをするのか、私にはよく分かりません。
それとも小さい子供のように、いちいち言われなければ気付かないほど住民は馬鹿なのでしょうか?
単なる「イベント」としてやっているように思えます。
それか、火災予防に力を入れているという、既成事実を作るためか?
放送したときとしないときの、火災の発生率の違いをデータで示して欲しいですね。

火災報知器を設置しろと言っていましたが、このような騒音放送のため、私は耳栓をして寝ているので、火災報知器が鳴っても気付かず焼け死ぬでしょう。
周りの家に燃え移れば、さらに被害は大きくなります。
ちなみにチャイム等は、耳栓をして寝ていても目が覚めるぐらいの「暴音」です。
特に必要のないと思われる行政の暴挙により、事故、病気等を含め、私らが蒲郡市に殺される日も近いかもしれません。
まだ公になっていないだけで、このような被害者がすでにいるかもしれませんね。

以前も同じような記事を書いていると思いますが、騒音が聞こえたので再び書きました。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。