スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒音問題の刑罰

テレビでやっていたのですが、ある国の刑罰の一つとして、若者が音楽等の騒音で迷惑をかけた場合は、その若者が嫌いな音楽を強制的に長時間聴かされるというのがあるらしい。
その間の携帯電話や居眠りは禁止だそうだ。
それは言うまでもなく、迷惑している人たちの気持ちを分からせるためである。

防災行政無線の放送で、騒音をまき散らす蒲郡市役所(市長)、またそれらを推進しようとするやつら。
そいつらにも同じ思いをさせれば、少しは迷惑している人の気持ちが分かるのではないか?
毎日寝ているときに、大音量でたたき起こされる等で・・・
でもまあ、常識的な人なら少し想像力を働かせるだけで、分かりそうなものだけどね。
それが分からないと言うことは、非常識人間ということでしょう。
自分の利益のためなら、たとえそれが微々たるものでも、他人はどうなってもかまわないという考えなのでしょうね。

若者にとってそれらの音楽は楽しいものであるかもしれないが、全員がそう思うことは無いだろう。
むしろ、迷惑している人のほうが多いかもしれない。
防災行政無線の放送でも、同じことが言えるのではないでしょうか?
行政なら、何をやってもかまわないということは無いだろう。
本来、防災が目的の設備である。
それ以外の目的の乱用は許すべきでない。
税金を払っている人がその税金の使用によって迷惑を受けていることがあっていいのだろうか?
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。