スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院選挙 

すみません、また選挙のこと書いちゃいます。
今回もあった3回もの投票に行け放送、相変わらず投票率を下げるのに必死なようですw

投票率を上げる方法、どこ見ても「啓発、啓発、啓発」、ばっかじゃないのw
投票率の低い時は30%台、じゃあ残りの人は選挙があったことを知らなかったのか?
そんなことはないですよね。当日行けないなら期日前投票もできます。
要するに行かない人は殆どが興味が無い人たちなのです。
それなのに「啓発(笑)」をしてもほとんど意味が無いということです。

ではどうして興味がないのでしょうか?
特に国政の場合ですが、マスコミや政治家自身のせいでしょうね。
国会を見てもくだらない足の引っ張り合いや時間稼ぎ、子供の喧嘩とも思えるような低レベルなやり取り、そんなので興味が出るはずもありません。
〇〇法案とか色々ありますが、何のためのものなのかさっぱり見えてきません。
マスコミも不安を煽ることばかりで詳細は言いません。
これでは興味が出ないですよね。

私も以前は興味がありませんでした。ちなみに市議会は今でも興味ありませんがw
それで興味を持つきっかけになったのが、内容は忘れましたがネットの動画だと思います。
それ以来同様の動画をいくつか見るうちに興味が出てきました。
ではネット動画とテレビや新聞では何が違うのか?
ネットではテレビなどではあまり報じない所謂裏側が見えてくることです。
〇〇法案とかもその裏側こそ興味を引くものです。
更にネットでは他の人と直接意見のやり取りができます。
そうしているうちに自分の考えも固まってきました。
そして現在の日本の問題点や改善方法も知るようになりました。
そうやって興味をもつようになったわけです。

ということで、話がそれましたが興味が無いのに投票に行けとか・・
高齢者は投票率が高いですが、多くの人が義務感だけでなんとなく投票しているのではないでしょうか?
投票してもそんなのでいいのですかね?
よく言われるのが「投票は義務だから」「投票に行かないのに政治に口出しするな」とかです。
はっきり言ってこれらは、投票率を上げるためのマスコミや行政の洗脳工作だと思うんですよね。
そしてその洗脳により多くの人が信じているわけですw
そもそも投票と意見は意味も効果も違いますしね。片方でも両方でも私はいいと思います。

例えば日本には表現の自由があります。
投票して票を投じるのも結構ですが、投票に行かないのも表現のひとつだと思います。
その国民の表現を汲みとって政治にや選挙に活かすべきだと思うんですよね。
お店に人が集まらないと言って来ない客に文句をいう店はいません、自らが努力して客を集めるのです。

ところで投票率アップって行政の役割ですか?
そんなくだらないことをせずに投票率の意味を考えるべきです。
「啓発、周知」そんなことしても行かない人は行かないし、逆効果にもなります。
どうしても投票率を上げたいなら、ばかみたいな迷惑騒音より、法的に可能かどうかわかりませんが、スーパーとかで出張投票所でも開いたらどうですかね?
投票入場券なしでもマイナンバーだけで投票できたらもっと便利ですね。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。