スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居眠り運転による死亡事故と防災無線

広島県東広島市の山陽自動車道「八本松トンネル」で起きた多重事故で、2人を死亡させたとして自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで逮捕されたトラック運転手皆見成導(みなみなりみち)容疑者(33)=埼玉県越谷市=が広島県警の調べに対し、事故時に居眠り運転をしていたことを認める供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。県警は居眠りにつながる運行や勤務実態がなかったか調べる。

 事故は17日午前7時半ごろに発生した。皆見容疑者が運転するトラックが渋滞中の車列に突っ込み、計12台が絡む事故となり、車5台が炎上した。2人が死亡したほか、トンネル内にいて煙を吸った人を含め、67人が負傷した。県警は18日に前方不注意で事故を起こしたとして、運送会社ゴーイチマルエキスライン(埼玉県川口市)の運転手の皆見容疑者を逮捕していた。

 県警によると、皆見容疑者は16日午後6時ごろに埼玉県内を出発し、17日昼前後に福岡市内に到着する計画だった。渋滞の列にトラックが突っ込んだ場所には急ブレーキをかけたような痕跡はなかった。事故に巻き込まれた車のドライブレコーダーでは、トラックが約50メートルにわたって次々と車に衝突する間、ブレーキが踏まれた形跡が確認できなかった。

 捜査関係者によると、皆見容疑者は逮捕前、「トンネルに入り、(緊急停車で点滅する)ハザードランプを見て減速しようと思ったが、間に合わなかった」と話していたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160323-00000011-asahi-soci

居眠り運転による死亡事故です。
この居眠りの主因が防災無線によるものという確率は低いかもしれませんが、全国各地で毎日大量に鳴らされている爆音の防災無線、それが居眠り運転の原因になる可能性は十分あるというか、実際あるでしょう。
いちいちマスコミが報じなければ、バカ役人どもは自分たちの都合だけでいつまでも爆音を垂れ流すのでしょうか?
事故だけではありません、他の記事でも少し書きましたが、直接的間接的な経済損失も相当なものだと思います。
全部やめろとはいいませんが、緊急時に役立てるための必要最小限にするべきです。
こういう場合、問題にされるのは会社の勤務実態や運転手の体調などのみ、生活環境が出ることはまずありません。
もちろんそんな状態で運転した運転手の責任は免れませんが、税金を使って運用している防災無線が睡眠妨害をしていいわけがありません。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。