スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲郡市での見難いゴミの取り合い

蒲郡市では(でも?)ゴミの取り合いが盛んに行われています。
それは、「資源」と名のつくゴミ、「廃品」ではなく「資源」だとかこだわっていた小学校教師も居ましたが、蒲郡市ではゴミの枠の中にいわゆる「資源」が入っています。
つまり、広い意味でゴミなのです。
で、そのゴミの取り合いをしているのがまず蒲郡市、まあこれは市民サービスも兼ねているし今では普通の事でしょう。
でもさらに、同じ地域の小学校、子ども会、PTAなどで廃品回収が行われています。
現在は昔に比べて新聞も本も読む人は少なくなっているでしょう。
その限り有る資源(笑)を公然と見難く取り合っているのです。
(テレビで見た)ホームレスが花見の空き缶を取り合っているのと被るものがあります。
これが非効率だと思えないのでしょうかね?まあ思ったらできないででしょう。
手伝わされる人たちの中には、迷惑している人もいるのでは?
でも「子供のため」と言われれば、拒否できないよな風潮が日本にはありますからね。
たとえそれが無意味でも、逆効果と思っても、拒否したら「人でなし(笑)」みたいな。
まあ子供から見れば、イベント的なもので楽しんでいるのかもしれませんが。
自分も小さい頃はそうでしたし。

で、何が言いたいかというと、その度にスピーから爆音を流してうるさいということです。
やるのは勝手だから、静かに迷惑にならないようにやってくれということ。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。