スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手抜き警察

年始のUターンラッシュが続いていた3日夜から4日未明にかけて、三重県内の高速道路の一部のサービスエリアやパーキングエリアが閉鎖されて苦情が相次いだことについて、三重県の鈴木知事は6日の会見で、警察の対応に苦言を呈しました。
年始のUターンラッシュが続いていた3日夜から4日未明にかけて、三重県警察本部は、暴走族が集まって周りの迷惑になるのを防ぐためとして、県内の東名阪自動車道上りの御在所サービスエリアや、伊勢湾岸自動車道の湾岸長島パーキングエリアなど、5か所を閉鎖しました。
事前の告知などはなく、利用者からトイレが使えないなどの苦情が相次ぎました。
これについて、三重県の鈴木知事は、6日の会見で「告知のあり方や、利用者に迷惑をかけない方法、暴走族の集まりを防ぐ別の方法が無かったか、検証してほしい」と述べて、県警の対応に苦言を呈しました。
そして、施設や道路を管理する、中日本高速道路とも協議して、情報提供のあり方など、今後の対応について早急に検討するべきだという考えを示しました。
これについて、三重県警察本部は「暴走族と見られる車が高速道路を走っているのを確認したため、3日の午後4時ごろにサービスエリアなどの閉鎖を決めた。ドライバーへの情報提供のしかたに問題がなかったかなど、今後、検討したい」とコメントしています。 

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20150106/4473401.html

お隣の三重県の警察ですが、自分が楽する、手を抜くためには一般人に迷惑がかかることなんてお構いなしの対応ですね。これは職権濫用とも言えるのではないでしょうか?
休憩を妨害し、安全な運転を妨げる行為は、まさに蒲郡警察と同様の行為です。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。