スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民への配慮皆無の蒲郡市

以前も書いたと思いますが、蒲郡市の資源ごみは朝6時から8時までに出せということです。
なぜ再び書いたかというと、そのような広報車が最近回っていたからです。

しかし回収のためのかご等は前日の夕方には置かれています。
しかも最近ではご丁寧にどなたかが綺麗に並べてくれています。
業者が並べることはないと思いますので、親切な住民の方でしょう。
そして当然のごとく、その時間帯からゴミを出す人が多く見受けられます。
市はそれが気に入らないのか、わざわざ広報車まで出して来ているのです。
防災無線ほどではないですが、それでも十分迷惑です。
(市だから合法になってしまうのでしょうけど)違法騒音移動販売と本質的に変わりません。
暇なんでしょうかね?他にやることはないのでしょうか?はっきり言って税金の無駄使いです。

住民には朝出せといいながらかごは前日に置いていく。
朝しか出していけないならかごも朝持ってくればいいでしょう。
でも自分たちの都合だけで前日に持ってくる、まさに自己中心的としか言えません。

言うまでもなく住民にはいろんな生活パターンが有ります。
365日24時間、誰かが仕事をしているからみんなが快適に?生活できるのです。
なのに同じ曜日(月2回)の朝しか出せないなんて住民無視の行政ですね。
その時間に出せない人はどうすればいいのでしょうか?
多分市に聞けば、「クリーンセンターに持ってきてくれ」とでも言うでしょう。
でも車がない人は?運転できない人は?
たとえ行けても人によっては遠くのクリーンセンターまで行かなければならないのです。
当然クリーンセンターも時間が決まっているでしょうし。

同じく蒲郡市に住んでいても人によっては同じサービスを受けられない、はっきり言ってこれは差別です。
もちろん100%の人が全く同じ市民サービスを受けられるとは限らないでしょう。
しかしわずかな配慮で100%に近づけることが出来るはずです。

燃えるゴミでもそうです。
これは週に2日ありますが、市によると出していいのは同じく朝の2時間です。
しかしうちの自治会?では「収集前なら時間以外でもいいよ」みたいな回覧板が回っていたそうです。
やはり現場の人は違いますね。頭カチカチ、住民無視の市職員とは違います。
ちなみに私は現在不規則(勤務)ですので、その時間帯でも全く出せないということはありませんが。

話が戻りますが、もし資源ごみを朝出さないことによって深刻な実害が出るというのであれば、かごは朝持ってこい。
まあ1000歩ぐらい譲って時間帯の設定ぐらいならまだいい。
でもいちいち広報車まで出すなんていかれている。(おそらく立て看板はあったし)
そんなに暇なら広報車の代わりに希望の家庭まで収集に来い。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。