スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグーナ蒲郡



 愛知県蒲郡市の複合型レジャー施設「ラグーナ蒲郡」を運営する第三セクター、蒲郡海洋開発が累積赤字で経営が困難になっているとして、主要株主の愛知県は17日、テーマパークなどの主要事業の営業権を旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)に継承する方向で主要株主と協議すると発表した。9月末をめどに結論を出す。HISは長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」の再建支援も手掛け、業績を回復させた実績がある。

 蒲郡海洋開発は愛知県、蒲郡市、トヨタ自動車など民間9社で1991年に設立され、テーマパーク、ショッピングモール、温泉施設を順次開業し、累積の来場者は3500万人に達している。

 建設時の埋め立て造成費の負担が大きく、別荘地用などとして売却を見込んだ分譲土地が約33%売れ残っていることなどから、12年度末には78億円もの債務超過に陥った。

 現在の構想では、集客施設のテーマパークとショッピングモール、温泉施設の運営を蒲郡海洋開発から切り離し、HISを中心に新たに設立する運営会社に、土地や施設とともに引き継ぐ。蒲郡海洋開発は引き続き土地の分譲などの業務に当たる。

 ラグーナ蒲郡の来場者は2012年度が289万人で、13年度は325万人の見込み。会見した大村秀章知事は「集客事業には波があり、第三セクターで安定的にリピーターを見込むのは難しい。実績のある専門家にお客さんを連れてきてもらい、東三河有数の集客施設を何とか存続させたい」と語った。

 昨年から県とトヨタ自動車などがラグーナ蒲郡の経営再建を協議し、複数のテーマパーク運営事業者に意向を調査。HISが引き受ける意思を表明した。

(中日新聞)

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014021790125610.html

以前「しょうもない」と書いたラグーナですが、やっぱりと言うか経営状態はよくなかったようですね。
ついに県まで動きましたか。いまさらですが、蒲郡の恥です。
それにしても来場者が300万人程もいたのですか?
そんなに来ているとは驚きですが、「ラグーナ」ですからね。
入場料が必要な「ラグナシア」ではないですからね。
多分単なる(地元民の)買い物客も入っているのでしょう。

さてHISですか、どうなりますかね?
ラグーナにツアーを組むということもあるかもしれませんが、大幅改革の可能性も否定できませんね。
HISは革新的な企業みたいですから。
まあ、個人的にはどうなろうが構わないですけどね。
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。