スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都議選

「拡声器の音うるさい」…都議選の女性運動員に唾吐きかけ 容疑の70歳男逮捕
2013.6.19 18:18 [事件・トラブル]
 23日投開票の東京都議選で、選挙運動員の女性に唾を吐いて選挙を妨害したとして、警視庁の選挙違反取締本部は、公職選挙法違反(自由妨害)の疑いで、葛飾区東新小岩、無職、海保義昭容疑者(70)を現行犯逮捕した。同本部によると、「拡声器の音がうるさかったので、唾を吐いた」と供述している。

 逮捕容疑は、18日午後5時ごろ、葛飾区内の路上で、選挙のビラ配りをしていた30代女性運動員の右手に唾を吐きかけ、選挙を妨害したとしている。

 女性が110番通報し、駆けつけた葛飾署員が現場にいた海保容疑者を確保した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130619/crm13061918190004-n1.htm

酷いですね。何が酷いかというと、この法律です。
逮捕容疑は「公職選挙法違反(自由妨害)」です。
つばを吐いたということで、「暴行」ならまだしも「選挙妨害」での逮捕です。
この法律を作ったのは、都議選立候補者のお仲間の国会議員でしょう。
そして、自分たちは選挙の為なら「自由」に騒音をまき散らしてよく、それを邪魔してはいけない、というのですから呆れてしまいます。
人々に苦痛を与える行為を止めてはいけないのです。
それが公共の福祉に必要なことであるならともかく、これは(一般人から見れば)迷惑でしかありません。
本当、何が自由なのでしょうか?

このニュースの掲示板を覗いて見ましたが、容疑者の批判より選挙運動の批判のほうがはるかに多かったです。
「うるさい候補者には絶対に投票しない」と言う意見もありました。

この運動員もわざわざ110番したのですね。
そしてそれを逮捕する警察。
いったいだれの運動員なのでしょうか?
もし明らかになればイメージダウンは免れないでしょう。
でもマスコミもそういうのは隠すんですね。
これも法律のせいなのでしょうか?
容疑者は実名報道なのに。

ところで、いつまで騒音選挙を続けるつもりなのでしょうか?
時代錯誤も甚だしいです。
ネット選挙が始まるようですが、「騒音選挙」の方は何も変更はないようです。
はたして、政治家が時代に追いつくことはあるのでしょうか?
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。