スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不審火の注意放送 その2

次の日のほぼ同じ時刻に再びありました。
ということで再び苦情、というより「何回放送するつもりだ」という意味で電話しました。
先日は電話に出た人と話をしただけでしたが、今回は担当者という人と話をしました。
多少記憶が曖昧な部分もありますので大体の意見をまとめて書きます。
20分以上の話しでしたが、意外にも丁寧に対応してくれました。

まず、消防署の言い分です。

今回は不審火と焚き火の注意喚起をしています。
あと数回放送するつもりです。回覧板でも予定しています。
多くの人が家にいる時間と、暗くなる前に不審火対策(燃えやすいものを片付ける)の為この時間(17時過ぎ)に放送しています。
焚き火の注意の為、屋外のスピーカーからも放送しています。

次に私が問いかけたことを書きます。

多くの人に聞いてもらいたいなら夜中に放送したらどうですか?
不審火(放火)は人がやるものだから、燃えやすいものを片付けても無意味。他のものを燃やすだけでは?
この放送が放火犯に余計にやる気を起こさせるのではないか?
(実際安城で捕まった放火犯は騒ぐのが嬉しくていつまでも放火を続けたらしいですから)
焚き火の為に屋外の放送って、リアルタイムで焚き火をしている人だけに呼びかけているのですか?
不審火はずっと前からテレビでやっているのにこのタイミングは遅すぎないですか?
回覧板でもいいのではないですか?
せめて防災ラジオだけで流してください。

順番はバラバラですがだいたいこんな感じです。
私が「防災ラジオだけで」と聞いたところ、前回の火災予防週間では防災ラジオだけの放送だったらしいです。
ブログにも書いていますが、通りで聞かなかったわけです。
少なからず、屋外のスピーカーは迷惑だということを自覚していたわけです。
ならば今回どうして屋外スピーカーからも放送したかと聞いたら、「焚き火」だそうです。
しかしそれすら疑問が。放送があった時間はすでに曇り空、少し経ったら雨が降ってきました。
しかも東海地方は梅雨入りしたそうです。
まあ、梅雨だから焚き火は安全とはいいませんが、なぜこの時期に?
少し前に焚き火からの延焼があったらしいですが、不審火の放送に無理やりくっつけたようにしか思えません。

そして私が最後に要望したこと。
「防災ラジオだけの放送にしてください」
「せめて、最初と最後の音(ポンポンポンポ~ン)を小さくしてください」

さて、どうなることやら。

もう一つ。
前回の放送は男性の声だった気がしますが、今回は女性でした。
もしかしたら、前回の苦情の電話の時に私が、「何を言っているかはっきり聞き取れない」と言ったからでしょうか?
言うまでもなく、私はそんな意味で言ったのではありません。
音量だけ大きくても音質が悪く聞き取りづらい放送をしても「無意味」ではないかということでそういったのです。
それを馬鹿正直に受け止めたのでしょうか??
スポンサーサイト

trackback

comment

1. 初めまして!!
どうも、伊藤太一です!僕は起業家として世の中に発信できることをブログで表現していこうと思い、慣れないながらも記事更新を頑張っています!次回の更新も楽しみにしています!
  • 2013-05-31│18:06 |
  • 伊藤太一 URL
  • [edit]

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。