スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲郡消防本部への問い合わせ その2

先日は回答有難う御座います。
その、蒲郡市消防内規23条というのを詳しく知りたいと思いまして、蒲郡市HP内を探して見ましたけど見つかりませんでした。
ネット上では見られないものでしょうか?
出来れば23条の全文を知りたいですが、無理なら諦めます。
蒲郡市で決められたということが、分かっただけでもいいです。

さて、本題に入ります。
火災発生時の防災行政無線の使用の必要性についてお伺いします。
2度手間にならないように、先に私の考えを述べておきます。

空襲警報は実際に聞いたことはありませんが、それを連想させるような長いサイレン。
放送塔の近くに住んでいれば、ほぼ間違いなくびっくりするでしょう。
またご丁寧に、火災発生場所の案内まであります。
しかも、数百メートルも離れた場所の火災でもです。

もし近くの火災でしたら、消防車のサイレンで気づくでしょうし、すぐにでも避難が必要な場面でしたら、通報者や近所の人が呼びかけてくれるでしょう。

消防署や消防団の方は大変でしょうけど、大騒ぎして広範囲(防災ラジオでは市内全域)の住民にまで知らせる必要はあるのでしょうか?

火事の場所が気になる人が居るのでしたら、市のHPで公開するなり、自分から問い合わせるなりすればいいと思います。
無差別に押し付け的にお知らせする必要はあるのでしょうか?

また、せっかく防災ラジオを購入したのに、度重なる放送(メインはチャイムでしょうけど、部署が違うのでここでは触れません)のせいで、電源を切っている人もいるようです。
本当に必要な緊急時の放送が聞けないのです。

ここまで素人の私の考えですが、危機管理のプロの意見をお聞かせください。
---------------------------------------------------------------------
貴重なご意見、ありがとうございます。

 消防業務内規23条関係については蒲郡市ホームページ上では公開しておりませんし、全文を提示するにあたっては一般に公開されていない電話番号、個人情報に値する内容も含まれていますので前回の回答まででご理解頂けると幸いです。

 防災行政無線についてですが、火災発生時に近隣住民に周知させる目的の他に消防団員を召集させる目的も含まれます。消防団員の多くの方は仕事をされております。 


 現在、火災発生時には指令と同時に管内に該当する消防団員全員にメールを配信し、周知、召集をかけていますが携帯電話を職務中、肌身離さず持っていられるとは限りません。また、火災の発生した管内にて消防団員の方が仕事をされているとは限りません。その為団員に周知させるため防災行政無線は欠かせません。

 現在蒲郡市では、災害発生時にはホームページにて周知するサービスも行っております。

 防災ラジオにあっては部署が違うため、回答は出来ませんのでご了承ください。

以前の記事で書きました、火災発生時の防災無線の必要性の回答が来ました。
ある程度予想していたことですが、一言で言えば、肝心な部分の回答がありません。
では、少し細かく見ていきます。

>消防業務内規23条関係については蒲郡市ホームページ上では公開しておりませんし、
>全文を提示するにあたっては一般に公開されていない電話番号、個人情報に値する
>内容も含まれていますので・・

条文に個人情報?少し疑問ですね。
もしそれなら、その部分を省いたものでも全く構わないですけどね。
出来れば、本当にその条文に、「火災発生時」の防災無線のサイレンが明記されているのか知りたかったですけど。

まあ、もし知るとなれば、面倒な手続きが必要になりそうだし、そこまでして知る価値は無いと思いますので、とりあえず今回はこれでよしとします。
でも結局、(簡単には?)公開できない規則で運用しているということですね。
それって、おかしくないのでしょうか?
消防署内で収まることならともかく、市民にも影響があることなのに・・

>防災行政無線についてですが、火災発生時に近隣住民に周知させる目的・・・

これは、私の意見を全く無視した回答です。

>消防団員を召集させる目的も含まれます。消防団員の多くの方は仕事をされて
>おります・・

そうなると、これを言いたいがための前置きでしょうか?

>現在、火災発生時には指令と同時に管内に該当する消防団員全員にメールを
>配信し、周知、召集をかけていますが携帯電話を職務中、肌身離さず持って
>いられるとは限りません。

ある程度予想していた回答ですが、やはりと言うか、言って来ましたね。
これについても、以前から私の考えはありました。
しかし、「メール配信」については初耳です。
それと似たものはあると思っていましたが、それならなおさら防災無線の必要性は低いでしょう。

>また、火災の発生した管内にて消防団員の方が仕事をされているとは限りません。
>その為団員に周知させるため防災行政無線は欠かせません。

これは、すこしおかしな回答ですね。
管外で仕事をしている可能性?
なのに、放送塔でサイレンを鳴らす?
火災発生時の放送塔のサイレンは、基本的にそのエリアでしか鳴りません。
何が言いたいのでしょうか?
たとえ管外でも、放送塔のサイレンは聞こえるエリアという、都合のいい解釈でしょうか?

それから、消防団は殆ど無償でやっている、ボランティアみたいなものでしょう。
だから、出動する義務は無いはずですし、仕事等で出られない人も居るはずです。

また、一般人でも携帯ぐらい常に手元に置いておく人は多いでしょう。
消防団員ならなおさらです。
そのぐらいの自覚がない人は、消防団員の資格はないのでは、と思います。

仮にメールに気づかないとしても、ほかの消防車のサイレンで気づくこともあるでしょうし、消防団員は地域ごとに複数いるでしょうから、一部の人がすぐに気づかなくて支障は無いはずです。
当然、そのぐらいの余裕を持った人員を確保しているはずです。

>現在蒲郡市では、災害発生時にはホームページにて周知するサービスも
>行っております。

これは、自爆でしょうか?
防災無線(発生場所の案内)の必要性をさらに下げる発言ですね。

>防災ラジオにあっては部署が違うため、回答は出来ませんのでご了承ください。

これは逃げましたね。
防災ラジオそのものではなく、今回はサイレンを鳴らすことについての質問だったのですけど、その点は無視ですかね?


まとめ。
ちぐはぐな回答。
現場では頑張っている消防署員でしょうが、考え方、対応は市役所の職員と何ら変わりませんでした。
また、身内に甘い体質も他の公務員と変わりません。
スポンサーサイト

trackback

comment

1. 無茶苦茶ですね
こんにちは。
消防の返事、無茶苦茶ですね。

私の住んでいる市では、幸いなことに火事による防災無線からの放送はありません。
そんな放送をしている地域より、していない地域のほうが多いんじゃないでしょうか。
していなくても消火活動になんの支障もきたしていないのですから、蒲生市の消防本部に「他市では鳴らしていないのに、なぜ蒲生市では必要なのか」と質問してみてはどうでしょう。
まあ、「他市の仕組みなど知りませんし比較もしていません」と、何も考えていない返事が返ってくるだけなのでしょうが。
2. Re:無茶苦茶ですね
>H・Kさん
コメントありがとうございます。

私は、その気にならないとなかなか行動に移さないタイプです。
たとえそう思っていても、時間が経てば覚めてしまうということもよくあります。

今回のことも、少し前に火災のサイレンが鳴った事がきっかけで問い合わせしました。
なので、今回はこれで一段落をつけようかと思っています。
さらに質問しても、まともな回答は望めないでしょうし。

でも、機会(その気になった時)があれば、さらに消防本部、また、他の部署へも質問してみようかと思っています。

まあ、いつになるかわかりませんので、あまり期待なさらないようにしてください。
  • 2013-03-16│21:01 |
  • おおば URL
  • [edit]

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。