スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行方不明者の捜索願い

先ほど、またもや行方不明者の放送が流れました。
全く公共性のないこの放送。
蒲郡警察は自分たちでは探せないから、又は探すのが面倒だから市民に探させようとしているのでしょうか?
時々、仕事してますアピールをする蒲郡警察ですが、これは「無能、怠慢」アピールですね。
たかだか数時間程度の不明で放送するとは、殆ど探していない証拠です。

また、行方不明者の関係者もはっきり言って無責任。
自分たちの管理不足なのに、市民に探させてなんとも思わないのですかね?
私なら警察が勧めても放送は断りますね。
自分のミスで市民に迷惑をかけたくないし、そんなことで恥を晒したくありません。

最後に、警察は行方不明者を探すのが仕事であり、依頼されれば義務でもあります。
しかし一般市民には、それを探す義務はありません。

(追記)
今回のことについて、蒲郡警察署に電話で苦情(意見)を言いました。
行方不明者の命と言う「建前」があるので、これをすぐにやめてくれとはなかなか言えません、と言うか言っても無駄でしょう。(一応その必要性についても問いてはいます)
代替手段が見つかるまでは・・

なので、今回は特に音量について要望しておきました。
最初と最後の「ポンポンポ~ン」の部分です。
いきなり大音量で鳴らされればびっくりするし、心臓にもよくありません。
警察曰く、消防署に依頼して放送してもらうとか。
なので、音量について「消防署に伝えておく」ということです。
さて結果は・・今度の放送の時ですね。
まあ、放送がないに越したことはないですが・・

後ひとつわかったことですが、警察に捜索願いは出しても、放送を希望しない関係者もいるそうです。
その場合、当然放送はしないでしょう。

つまり、捜索願いの放送を希望する関係者は、自分たちに責任があるにも関わらず、蒲郡市民8万人に探させる。
はっきり言って無責任です。

もう一つ、「その放送をしますか?」などという呼びかけを警察からすることもあるらしいです。
そうなると、警察が楽をしたいからと考えることも出来るでしょう。
でも警察に言わせると「人の命が、命が」とかいう言い訳をしてくるでしょうが、そんなに深刻なことでしょうか?
知り合いのところにいたならそんな心配もないでしょうし、そのへんで倒れていたなら何もしなくても通行人から通報が入るでしょう。
小さい子供じゃあるまいし、誘拐とかの心配もまずないでしょう。
結局心配なだけ。そんなに心配するなら発振器(GPS等)でも取り付けておけ、と言いたいですが・・
無責任なくせして過剰に心配する。そんな人が多いような気がします。

ちなみに今回の場合は、知り合いから連絡があって見つかったとか。
その関係者は、知り合いにすら聞いてなかったのでしょうか?
はっきり言って呆れます。
自分で探す気ゼロでしょう。
最近はくだらないことで110番する人が多いようですが、その人も同類ですね。
知り合いのところに居たなら、警察に届けるまでもなく自分で簡単に発見できたでしょうに。
それとも、行方不明者本人しか知らない「知り合い」だったのでしょうか?
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。