スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資源ごみ回収

以前も書いたと思いますが、蒲郡市では回収日の朝しか出してはいけないことになりました。
その理由は正確にはわかりませんが、その資源ごみを持っていく人が居るからだとも聞きました。

この前テレビでやっていましたが、名古屋市でも古紙などを勝手に持っていく人がいると。
それで、持っていくのを禁止する条例ができたそうです。
蒲郡市ではどうなのかわかりませんが・・

朝しか出してはいけないと言いながら、回収のかご等は昔と同じく前日の夕方に置いて行きます。
自分たち(仲間?の業者含む)が早朝に動きたくないからそうしているのでしょうか。

規制ができてからしばらく経ちますが、今では多くの人が普通に夜間などに出しています。
燃えるゴミとは違い、回収日も少なく、分別するのに時間がかかります。
朝は忙し人も多いでしょう。

市役所は市民の利便性は全く無視して規制するだけ。
でも実際は守らない人、守れない人、たくさんいます。
いろんな人がいますからね。
当然といえば当然でしょう。

規制だけしても、市民がやりやすいような方法でなければ、それに従う人は少ないでしょう。
蒲郡市職員にそんなことを考える知恵は無いのでしょうね。

うちでも以前は細かく分別していた古紙類、最近では殆ど燃えるゴミで出します。
ペットボトルも市の資源ごみに出すことはなくなりました。
缶などもそうですね。
やりにくいようにされてまで、市に協力しようとするつもりは毛頭ありません。

古紙などを持っていく人が居ると書きましたが、個人的に言えば誰が持って行こうが構いません。
学校の廃品回収だろうが、スーパーの回収ボックスだろうが、家からゴミがなくなればそれでいいのです。
ただ、回収ステーションが家の近くだから、そこに出していました。

こんな腐った蒲郡市の財政に貢献したいとは思いませんし。

持っていかれたくないなら、条例を作るなりして(現在あるかないかは未確認)、自分たちでパトロールすればいいです。
もちろん余分な人件費をかけない方法で。

パトカーは夜中中走っていますので、警察に見てもらってもいいでしょう。

スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。