スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反原発デモ

最近よく行われているみたいですが、一言で言えばよくやりますね。
相当暇なんでしょうかね?

今回事故は起きましたが、原発は数十年間大きな事故もなく、電力の一部をまかなってきたわけです。
電力不足になれば、命に関わることもあります。
今すぐなくすのは現実的に無理でしょう。
廃炉にするにしても、数十年かかると言われています。
数十年後を見据えてのデモなんでしょうか?

でも「再稼働反対」と言っている人たちは、そうでは無いでしょうね。
理想だけを考え現実を見られない、かわいそうな人達でしょう。
私も電力会社のやり方には抵抗がありますが、極端すぎますね。

最初から原発がなければそれでよかったかもしれませんが、今は実際に原発が存在し、一定の役割を果たしてきた。
それをいきなりなくせというのは暴挙であり無責任でもあります。
事故前までは黙認してきた国民の責任というものもあります。

日本、特に最近の日本では、核アレルギーといいますかヒステリーといいますか、原発を肯定できない風潮があります。

日本各地で行われた意見交換会でも、賛成派(電力関係者)は意見することすら許されません。
言論の自由の侵害では、とも思えてしまいます。
いろんな人の意見を聞き、それで結論を出すのが討論会でしょう。

意見交換会自体にも疑問があります。
それ自体が無意味という話もありますが、私が思うには、2030年の原発比率を先に決めてしまうというのがおかしいと思います。
比率を先に決めて、それに合わせて進めていくということでしょうか?
そんなに簡単なことでしょうか?

まず、意見するのはほとんどが素人です。
原発の安全性や必要性についても詳しくないでしょう。
国民の意見を聞くのはいいですが、その人達がいきなり決めるというのはどうかと思います。

私が思うには、
危険と思われ廃炉にしたほうがいい原発、比較的安全だろうと思う原発。
将来の代替エネルギーやそのコスト。
原発がある地元の意見。

などなどを時間を掛けて議論し、結果的に◯◯%になった、というのがいいのではないでしょうか?

将来の原発の割合を決めるのは、まだ時期尚早だと思います。

だいたい政府が弱腰なんですよね。
言うべきことは言う。
ちょっと強い反発があるとすぐに萎縮してしまう。
表向きばかり気にしている。
国民の意見を聞いていい政治ができるならそれでいいが、やるべきことはできない。
なんとも中途半端な政治です。

でも、消費税増税を決めたことは評価します。
しかし、まだコスト削減ができていない。
はたして、それはできるのでしょうか・・
スポンサーサイト

trackback

comment

コメントする

Secret


最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。