スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなったけど

せっかくなので載せておきます。
23日19時台のメールです。
発見のメールは21時過ぎでしたが、遅いので放送はなかったのかな?

宮成町にお住まいの髙橋馨(たかはし かおる)さん67歳が本日午後1時頃から、行方不明になっております。身長は180㌢くらい、体格は中肉型、頭髪は頭頂部の毛がうすい方です。服装は、上衣は、黒色長そでTシャツ、下衣は、緑色カーボパンツと思われます。お心当たりの方は、蒲郡警察署68-0110まで連絡してください。
スポンサーサイト

地震遅報

「12時42分受信」
只今地震が有りました。消防本部の計測震度計では「震度1」を観測しました。詳しい情報が入り次第連絡します。

「12時57分受信」
16日、12時28分頃に地震がありました。蒲郡市は震度1でした。震源地は茨城県南部で震源の深さは約50km、地震の規模はマグニチュード5.6と推定されます。津波の心配はありません


昨日(16日)のメールです。
速報が地震発生から14分後、詳細が29分後です。
蒲郡は震源地から離れていますので、揺れるまでに多少の時間がかかったでしょう。
それでも発生から14分後に「速報」とか馬鹿げています。それなのに「只今」とか・・
きっとこの人達は時間の流れが違うのでしょうね(笑)
気象庁のHPでは、12時33分に詳細が発表されています。
メールの内容程度でしたら、ニュース速報を見てから文章を打っても、最初の(蒲郡での)速報の時間には詳細を送れたでしょう。
竜巻注意報の時も書きましたが、遅すぎです。
地震の場合は津波の可能性もありますので、これでは逃げ遅れてしまう可能性も高まるでしょう。
まあ津波警報は気象庁から別で出ますので、Jアラートが機能すればもっと早く伝わるでしょうけど、蒲郡ですからどこまで機能するか・・

以前私は、携帯の有料サービスで地震情報を受信していましたが、当然のごとく地震があれば即座にメール(速報と詳細)が来ました。
それは地元と全国で通知する震度を設定出来ます。(例えば全国で震度4以上、地元で震度2以上、のように)
東日本大震災の時はあまりにも余震が多いため、受信を解除してしまいましたけど。

それにしても蒲郡は遅すぎです。
自前の地震計で測定しているにもかかわらずです。
本来なら自動が好ましいのでしょうけど、例え手動でも遅いですね。
地震計が反応してもアラームとかはならないのですかね?
ニュースを見てから地震計を覗きに行ったのですかね?
仕事ではなく趣味でメール配信しているのでしょうかね?
どうせ機能しない「速報」なら、後日まとめてメール配信したほうがスッキリします。
時々来る「身近な犯罪情報」みたいにね。

恒例のボケ老人

三谷町にお住まいの味岡修(あじおか おさむ)さん77歳が本日午前9時頃から、行方不明になっております。身長は150㌢くらい、体格は中肉、頭髪は短髪・白髪です。服装は、上着は、青色半そでTシャツ、下は、ベージュズボンと思われます。お心当たりの方は、蒲郡警察署68-0110まで連絡してください

昨日(15日)のメールです。
ボケるにはちょっと早い年齢とも思えますが。

よくある?間違い

2012年6月のことである。熊本県宇土市の防災無線で、驚くべき内容が流れてしまった。その内容とは、「ゲリラ攻撃のおそれがあるので屋内に避難して下さい」というもの。

これと似たような出来事が2014年9月11日に起こった。埼玉県加須市の安全安心情報メールに次のような誤った内容が流れてしまったのである。これを見た人たちはかなり驚いたに違いにない。自分の元に届いたら、どうしたら良いのかわからなくなってしまう……。
・埼玉県加須市の防犯災害情報メールで流れた誤配信

「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」(NHKより引用)

・約4000人に誤送信

加須市は公式ページで、原因は設備ソフトの改修を行っている際に誤って送信されてしまったと説明し謝罪している。この内容は同日16時28分頃に「ゲリラ・特殊部隊攻撃情報>攻撃対象地域」として送信されたそうである。

NHKの報じるところでは、この内容が配信サービスに登録している市民4250人に送信されたとのことだ。なお、この内容が送信された約1時間に訂正の内容を送ったそうである。もしも自分の携帯やスマホに「攻撃対象地域」と表示されたら……。想像しただけで身震いが止まらない。今後このような誤りが起きないことを願う。

http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=5789663

誤送信は時々目にするニュースですが、もともと危機管理に関して信用出来ない行政が、さらに信用できなくなる出来事ですね。
もし自分がこれを聞いたら?まあ信用しませんね。
周囲を見て判断します。

ちょっと賢くなったかもしれない蒲郡行政

消防本部よりお知らせ知らせします。
明日 午前8時20分から
大津波警報のサイレンを鳴らします。
訓練ですので間違わないように注意してください。
なお このサイレンは三谷地区にのみ放送されます。
※同内容の行政無線は本日16時50分にも流れます。


昨日(6日)、このようなメールが来ていました。
おそらく津波が来るかもしれない地域である三谷地区だからでしょう。
以前は蒲郡全域に津波の避難勧告を出していたこともある蒲郡ですが、少しは学習したのでしょうか?

でも少し疑問が。
海岸沿いは三谷地域だけではありません、他にも多数あります。
ではなぜ三谷だけなのでしょうか?
私が想像するには、これは住民のためではなく、自分たち職員のための訓練ではないかということです。
まあ個人的には市内全域で鳴らされるよりよほどマシですけどね。

さらにもう一つ付け加えますと、「大津波警報のサイレンを鳴らします」と書いてあります。
しかし蒲郡では火事のサイレンが防災無線から頻繁に流れます。
屋外スピーカーは火災の周辺しか(と言っても約1km離れた火災でなったこともあります)鳴りませんが、防災ラジオではどこの火災でも毎回聞こえます。
だから「大津波警報のサイレン」と言っても、火災のサイレンと区別できる人がどのくらい居るでしょうか?
まあ、これは訓練だからいいでしょう。
でも本番の時に、「ああ、また火事か」と思ってしまったら避難が遅れることも考えられます。
たぶんその後、音声の広報もあるでしょうが、聞き流されてしまっては意味が無いのです。
もし滅多にならないサイレンなら、きっと気になって耳を傾けるでしょう。
何度も書いていますが、どうしても必要な放送以外するべきではないのです。
ただ鳴らせばそれで伝わると思っているなら、大馬鹿としか言えません。
聞こえる=(内容が)伝わる、ではありません。
防災ラジオの場合は、度重なる不要な放送のために、電源を切っている人も少なくないでしょうし。

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。