スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分かりにくい蒲郡市HP

何回か書いていると思いますが、今回気づいたことを一つ。
蒲郡市HPのトップページから、左上の「緊急・災害・防災」をクリック。
以前のHPなら、この手のところから火災情報などがすぐに見られたはずです。
それがHPをリニューアルしてからか、そこをクリックしても緊急性のない情報ばかりしか並んでいません。
結局行き先は、「分類で探す→くらしの情報→緊急・災害・防災」と同じところです。
何のためにわざわざ目立つ赤色で、トップページに「緊急・災害・防災」を載せているのか意味不明です。
最初から完璧なものを作れとは言いませんが、少しずつでも見やすいように改善するのが普通でしょう。
しかし、作ったら作りっぱなしと言うようにしか感じられません。
他の情報でも「載せておいたからあとは自分で探せ」と言った感じでしょうか。
また、年が載ってない、月日だけの情報もあるし、と思ったら新着情報に同じのがありました。
しかし2012年となっています。終わったものをいつまでも放置しているんだよ、紛らわしい。
スポンサーサイト

竜巻情報

7月19日に来た竜巻情報です。
これは愛知県、あるいは気象庁(台)で作った文章ですかね?
有効期限もあり、24時間表示で分かりやすいです。
おそらく、蒲郡市職員では作れない文章でしょう(笑)
防災ラジオは分かりませんが、屋外放送は多分なかったかと思います。
3回分をまとめて載せておきます。

発表日時 7月19日 13時06分
愛知県に竜巻注意情報第1号が発表されました。愛知県は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
この情報は、7月19日、14時20分まで有効です。

発表日時 7月19日 14時12分
愛知県に竜巻注意情報第2号が発表されました。この情報は、7月19日、15時20分まで有効です。(内容は前号と同様です。)

発表日時 7月19日 15時13分
愛知県に竜巻注意情報第3号が発表されました。この情報は、7月19日、16時20分まで有効です。

恒例の迷惑放送

これは7月20日のものです。
下記はメールの内容ですが、これと同様の放送がありました。
トップにも書いてある、恒例の自己満足、おせっかい、押し付け放送です。
なんかいつも思うことですけど、放送とほとんど同じような文章ですが、メールで送るならもっとそれっぽい文章にできないものですかね?

こちらは広報がまごおりです。蒲郡まつり実行委員会からお知らせします。本日の納涼花火大会は、予定通り実施いたします。なお、花火観覧のために家を空ける際には、必ず施錠をして空き巣等の盗難に十分注意しましょう。

(追記)
祭りの詳細情報は、別の観光担当部署?から2日前に来ていました。
メールは遡って見ていますのですみません。
内容は省略します。
ちなみに本文を載せてある上記のメールは、いつもの(私的には)危険心配課みたいです。

もう完全な常連のボケ老人

形原町にお住まいの大日向妙子(おおひなた たえこ)さん79歳が本日、午前7時頃から、行方不明になっております。身長は150㌢くらい、体格は中肉、頭髪は短めのパーマです。お心当たりの方は、蒲郡警察署68-0110まで連絡してください。

知っているだけで多分4回め。
コメント書くのも馬鹿らしい。
早く・・・くれ。

(追記)
少し前に来たメールも載せておきます。

災害対策本部よりお知らせします。
台風8号の接近に伴い、強風の恐れがある為
本日17:00からブルーブリッジを通行止にします。

このメールは一部ブルーブリッジ付近にお住まいの方に
配信しています。


蒲郡にそんな名前の橋があるとは知りませんでした。
まあ蒲郡には興味ありませんが、もう少し知っていると思ったのですけどね(笑)

そして疑問が。
>このメールは一部ブルーブリッジ付近にお住まいの方に 配信しています。
よく意味がわからないのですが・・、まずうちの近くにはそんな橋はありません。
それに、メールは登録すればどこでも受信できますので、なぜ付近なのでしょうか?
そうすると、私は登録していませんが、学校や保育園ごとの情報が得られますので、多分何かの市内全域情報プラス、付近の学校などのメールに登録している人への配信と思われます。
それから、通行止めはいいですが、解除のメールは来ていません。
もしかしたらまだ通行止めですか?それとも橋は落ちたのでしょうか(笑)

行方不明者の放送は、問い合わせがあるからとか言ってわざわざ見つかった放送までするのに、これは放置ですか?
いつものことだけど、分かりにくい内容にちぐはぐな対応。
仕事に対するいい加減さが伝わってきます。

ラグーナ再生?

珍しく?蒲郡のニュースがヤフーのトップ(経済)に出ていたので、長いですが全文を載せておきます。(私はそれほど興味が無いのでほとんど読んでいませんが)

HISは「ラグーナ」を再生できるか

THE PAGE 7月6日(日)9時26分配信
大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)が、愛知県蒲郡市の複合型リゾート施設「ラグーナ蒲郡」の主要事業を譲り受けることになりました。経営不振のテーマパークを再生させるのは、同社が2010年に取得し、業績を急回復させた長崎県の「ハウステンボス」に続く挑戦。これまで、同社にはさまざまな案件が持ち込まれているようですが、澤田秀雄会長自ら「最も難しい」と認めるラグーナの再生は果たせるでしょうか。

■トヨタなどの“3セク経営”行き詰まり

ラグーナ蒲郡は1991年から開発が始まり、愛知県東部の三河湾に面する約120万平方メートルの埋め立て地にプール付きのテーマパーク「ラグナシア」やショッピングモール、リゾートマンションなどが建設されました。

愛知県、蒲郡市、トヨタ自動車などが出資する第3セクター「蒲郡海洋開発」が運営を担い、ラグナシア開業時の2002年度は428万人(うちラグナシアは114万人)の入場者を集めました。しかし、3年目の2004年度に年間の目標360万人を下回ると、リーマンショック時の2008年度には260万人(同62万人)にまで落ち込み、その後も年間300万人前後で推移しています。

収支も安定しない上、初期投資の負担や未利用地売却の遅れなどが響き、2012年度末の債務超過が78億円に拡大。県やトヨタなどが協議した結果、債務や未利用地の分譲事業は蒲郡海洋開発に残した上で、テーマパークなど主要事業を民間会社に任せる決断をしました。そこで白羽の矢を立てたのが、ハウステンボス再生で実績を積んだHISだったのです。


■「再生請負人」に白羽の矢

ハウステンボスは152万平方メートルの敷地にヨーロッパ風の街並みを再現した国内最大級のテーマパークとして1992年に開業しましたが、毎年赤字が続き、2003年には経営破綻に追い込まれました。地元の要請を受け、2010年度から事業を引き継いだ澤田会長は徹底したコストカットと同時に、現場を回って社員の士気を高めるなどの社内改革を断行。700万個の電球を使ったイルミネーションや人気アニメ「ワンピース」を起用したクルーズなど斬新なイベントを次々と打ち出し、再建1年目から業績を回復、開業以来初の営業黒字を達成しました。

2013年度の決算でも、入場者数は前年同期比29%増の247万人、営業利益は倍増で過去最高の48.5億円、純利益も27%増の53億円と発表するなど好調ぶりを維持しています。こうした「再生請負人」の経営手腕に期待して、HISには海外を含めてさまざまな案件が持ち込まれているそうです。その中であえてラグーナを選んだ理由は何なのでしょうか。

■「最も難しいからやる」と澤田会長

6月24日に愛知県内で記者会見に臨んだ澤田会長は「ラグーナはハウステンボスに比べて規模が小さく、施設が中途半端。東京ディズニーランドや三重のナガシマスパーランド、大阪のユニバーサルスタジオなど強力な競合もある」とした上で「最も難しいから、やってみよう」と決断したと明かしました。

再生の具体的な手法は「敷地が狭いから、経費がかからない。プールが有名だが、その1カ月半でしか稼いでいないので、冬や夜も有効に活用できないか」と述べ、主に既存の施設を最大限生かしてテコ入れする方針を示しました。

「ハウステンボスは敷地が広すぎて経費がかかり、ずっと赤字だったが、そのおかげで新しいアトラクションが造れた。欠点は全部裏返したら長所になる。われわれが入るからには最初から黒字にして、全国やアジアから人を呼んで感動させる施設にしたい」と力説した澤田社長。

実際の経営は8月1日に事業を開始する同社の100%子会社「ラグーナテンボス」(巽泰弘社長)が担い、初年度はラグナシアで前年並みの来場者83.7万人を確保、売上高49億円、営業利益1.1億円、経常利益3.6億円を目指すそうです。

■地元にはなお残る懸念

地域全体ではこれで一安心というわけにはいきません。未利用地の処分の行方はもちろん、地元の観光業関係者は「旅行会社なので、東京や大阪からパック旅行などで人を呼んできてくれるだろう」と期待しつつ、「ラグーナ内にも宿泊施設があり、新しいホテルも計画中だという。将来的に系列のホテルに客をとられてしまえば、周辺の温泉街は厳しくなる」との懸念も示します。

また、ハウステンボスではカジノを含む統合型リゾートへの参入も検討されており、賛否の分かれるこうした議論もかかわってくる可能性があるでしょう。

(関口威人/Newzdrive)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/aichi/?1404629782

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。