スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業立地推進課

蒲郡市が10年ぶり新部署を設置

『企業立地推進課』人材・企業流出歯止め狙う
2013/04/03

 有力企業の撤退が止まらない蒲郡市は新年度、企画部内に企業立地推進課を新設した。市内からの流出防止や市外からの誘致で企業の空洞化を止めるのがねらいで、行革で行政部門の組織の縮小や再編を繰り返してきた同市としては、総務部の安全安心課以来、10...
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=28440

有力企業の衰退?
蒲郡に有力企業なんてありましたっけ?

そんなことはいいとして、現市長の選挙公約に企業誘致があったはずですが、市長当選から約1年半。
今からスタートでしょうか?
とてつもなく遅いです。
これでは蒲郡が衰退するのは当然と言えますね。

それよりも、わざわざこんな課を作らなければ誘致できないものでしょうか?
まさか、企業誘致しようとしたが出来なかったので、これで公約実現と言いたいのではないでしょね?
またはいつものごとく、やってますアピールでしょうかね?

このペースだと任期中に企業誘致なんて無理なのでは?
まあ、今の市長じゃあ永久に無理かもね。
部署が増えて、余計な職員が増えただけにならなければいいですが。

また、このニュースによると「安全安心(自己満足)課、又は危険心配課」は10年も存在するのですね。
無駄の一言です。
スポンサーサイト

大気汚染

ついでに、過去に書いておいたものを公開します。

大気汚染心配…でも「春節の、爆竹やめない」71% 上海紙調査
2013.2.6 23:58 [中国]

 【上海=河崎真澄】中国で春節(旧正月)期間中に大量に使われる爆竹や花火の煙が「大気汚染に影響する」と考える上海の住民が64・2%に上る一方、「それでも爆竹や花火はやめない」との回答が71・3%に及んだとするアンケート結果を、6日付の上海紙、東方早報が報じた。同紙が265人の住民に聞いた。

 調査によると、「やめない」派のうち3人に2人が「以前より使用量を減らす」と答えている。だが、春節の期間中に、大きな音で邪気を追い払い、福の神を迎えると信じられている爆竹や花火は、一般家庭や商店では欠かせない風習。上海市当局は、花火や爆竹の使用量を減らすよう呼びかけてはいるが、おいそれとはやめられないようだ

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130206/chn13020623590007-n1.htm

ここまで多くないにしても、日本でも花火はありますね。
大量に打ち上げる花火、遠くからでも煙がはっきりと見えます。
あれは身体に害はないのでしょうか?
違う火薬でも使っているのでしょうか?
それとも、拡散するからお構いなしということでしょうか?
花火の破片も大量に落下してくるでしょうけど、全て回収しているのでしょうか?
大気汚染や不法投棄などの法律に抵触しないのでしょうか?
子供が家庭用の花火をしたら、基本的に片付けますね。
もし、打ち上げ花火を片付けないとしたら、モラル的に子供以下と言うことでしょう。

念の為に言っておきますが、私は花火を完全否定しているわけではありません。
もう少し、近隣住民等に配慮したやり方が必要なのではということです。
私が直接影響を受けていることで言いますと、住宅街で早朝から何回も打ち上げる花火、あれは迷惑以外の何者でもありませんし、それは騒音規制にかからないのでしょうか?
伝統なら何でも許されると言う考えは、もう古いと思いますが。
また、蒲郡の某レジャー施設で頻繁に上がる花火に迷惑している人もいるようです。

交通安全週間


交通安全週間の放送、今回はとりあえず聞いていません。
外出中、もしくは寝ていて気づかなかった可能性はありますが、私は聞きませんでした。
その代わり、(無駄な)広報車が回っていました。
まあそれはいいとして、本題に入ります。

歩車分離式信号、蒲郡にも増えてきたと以前書きましたが、それについてもう少し。

通常の信号の場合、歩行者用信号が赤になってから車両用信号が黄色→赤になります。
つまり、車両用信号が黄色になる前に、所謂「予告」があるわけです。
それにしたがって、予め減速や加速を行い、赤での交差点通過を避けることができます。
歩行者用信号が設置されてない交差点もありますが、交通量が多く速度の出やすい幹線道路では比較的設置してあります。
しかし歩車分離式信号には「予告」はありません。
だからタイミングがうまく合わないと、赤での交差点進入の可能性が高まるわけです。
俗に言う「ジレンマゾーン」です。
日本の信号の場合、全赤というのがありますので、赤になった直後に交差点に侵入しても危険は少ないと思いますが、問題なのは取り締まりです。
赤になった直後の交差点進入でも、信号無視として検挙される場合があります。
黄色信号の点灯時間が十分あればいいですが、そうでない交差点も見受けられます。
信号が黄色になったとしても急ブレーキをかければ当然危険は増えますし、バイクなら転倒の危険もあります。
路面が濡れていればなおさらです。
場合によっては、停止線を大きく行き過ぎることもあるでしょう。
歩車分離式信号にしたせいで警察のターゲットが増えたとしたら、一般車からすればいい迷惑です。
それに、それを気にするあまり追突や転倒事故が増えたとしたら・・
せめて「信号無視」をしなくても十分止まれるだけの、黄色信号にしてもらいたいです。

もう1つ。
速度を抑制するために、道路に段差を設けている所があります。
蒲郡では知らないですが、某市で昔から段差がある所を知っています。
一見いいように思えるかもしれませんが、特にバイクにとっては危険も伴います。
事前に察知して減速すれば問題ないでしょうけど、気づかなかったらどうでしょう?
かなり危険だと思います。
夜間ならなおさら気づきにくいと思います。
歩行者を守るためならバイクは犠牲になっても構わないのでしょうか?
しかし、場合によっては歩行者を巻き込むかもしれません。

下の映像を御覧ください。
状況がわかりにくいですが、段差と思われる所での転倒です。
ブレーキをかけたせいであの状態になったのかもしれませんが、白バイでも転倒することがあるのです。
タイヤの小さいバイクならなおさら危険です。


蒲郡市の騒音

いろいろな騒音について、あくまでも私の周辺のことについてですが、過去と今を1つずつ見ていきます。

新幹線
今では防音壁も設置され、パンタグラフの減少などで騒音も減少し、電波障害も殆どありません。

暴走族
いまでも時々それっぽいのはたまに聞きますが、時代の流れか台数も少なく、それほど気になることはありません。

移動灯油販売
昔は「雪やこんこ」の音楽を流している業者が来ましたが、最近では聞くことはなくなりました。
移動販売自体は今でもいます。

焼き芋屋
過去にはうるさいことがありましたけど、今年の冬は聞きませんでした。

わらび餅売り
焼き芋屋と同じ人という噂がありますが、去年の夏はどうでしたかね?
まあ、気になるほどは覚えてないということです。

さおだけ屋
最近来ないなと思っていた矢先、先日回って来ました。
でもすぐにいなくなり、音も気になるレベルではありません。

廃品回収業者
これは昔と言うよりは、比較的最近始まったものだと思いますけど、以前に比べれば騒音は激減しています。
でも、今もたまに来ます。

工場のサイレン
昔は正午などに鳴っていました。
最近はチャイムにかき消されている可能性はありますが、聞こえませんね。

選挙カー
相変わらずうるさいです。

祭りの打ち上げ花火
相変わらずです。
今でも住宅街のど真ん中で打ち上げます。
さっき鳴りました。
ところでどこで打ち上げているんでしょうかね?
そんな広いスペースがありましたっけ?
燃えカスとかが落ちてきたりして、危険じゃないのでしょうか?

防災行政無線
設置前よりは当然うるさくなっていますし、ブログにもたくさん書いてきた通り、現在一番の騒音です。


以上の通り、民間や個人の騒音については改善されています。
しかし、役人や地元の集団については、以前のままか悪くなっています。
時代錯誤も甚だしいです。

(追記)
ある掲示板によると、今でも移動販売の騒音に苦しんでいる人々がいるようです。
そう考えると、移動販売業者のマナーが良くなったわけではなく、蒲郡が移動販売業者からも見捨てられたということなのかも知れません。
どこかで書いた気がしますが、数十年間人口が減り続けている過疎の町ですからね。
でもまあ、静かなのはいいことですが。

郵便局強盗

 12日午前11時40分頃、愛知県蒲郡市大塚町の蒲郡大塚郵便局に男が押し入り、カウンターを乗り越えて女性局員(50)に果物ナイフを突きつけて「金を出せ」と脅した。

 男は別の女性局員(29)が差し出した現金約6000円を奪って逃走。郵便局内に客はおらず、けが人はいなかった。

 蒲郡署によると、男は50~60歳くらいで、身長約1メートル70。紺色の作業着を着ていたという。同署が強盗事件として男の行方を追っている。
(2013年4月12日13時16分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130412-OYT1T00687.htm

まだ捕まって無いようですね。
行方不明者みたいに防災行政無線で市民に捜させればいいのに(笑)
「こちらは広報蒲郡です。蒲郡警察署から強盗の・・・」ってね
もちろん、冗談(嫌味)ですよ。

騒音チャイム、補足

以前、チャイムが鳴る時間が早くなったと書きましたが、もしかしたらそうでないかもしれません。
今までは最初の鐘の音、「キンコンカンコン」の「キン」もしくは「キンコン」の部分が聞こえてなかった気がします。
それが今では、最初の音からはっきり聞こえます。

だとしたら、単なる時計修正ではありませんね。
詳細(予想)は長くなるので書きませんが・・

サイレンの種類

以前の記事にも書きましたが、蒲郡市の火災時には防災無線でサイレンが鳴ります。
しかし、サイレンが鳴るのは火災時だけではありません。

ちょうど今、北朝鮮の動向が注目されているところですが、
市のHPによるとこれだけの種類があります。

ゲリラ等による攻撃
航空攻撃
弾道ミサイル攻撃
大規模テロ
大津波警報
津波警報
http://www.city.gamagori.lg.jp/unit/anzen/j-alert.html

警報の種類によってサイレンの鳴動パターンが違ったりしますが、一般市民でこれらのサイレンを識別できる(記憶している)人はまずいないでしょう。
それどころか、鳴動パターンが分かれていることすら知らない人が大半ではないでしょうか?

つまり蒲郡市民は、防災無線でサイレンが鳴った=どこかで火事があった とすり込まれているのです。

もしその状態で本当の有事があったときに、たとえサイレンが鳴ったとしても即座に避難ができるでしょうか?
どうせまたどこかで火事があったのだと思い、何の行動もしない人が多くいるのではないかと思います。

たとえその後音声放送があったとしても、放送塔のすぐ近くで大音量で強制的に聞かされる人や、防災ラジオが近くにある人以外は、内容についてはあまり気にしないのではないでしょうか?
その防災ラジオでさえ、せっかく買ったのに度重なる無駄な放送(チャイム等含む)のせいで、電源をオフにしたままの人も居るようです。
ビルなどで火災の誤報が多いからと、火報盤のベルをオフにしたままにしておくのとよく似ていますね。
それによって避難が遅れて、死傷者が多数出たというニュースを聞いたことがあります。

上記のサイレン(火災以外)はJ-ALERT(ジェイ・アラート)ですので、多少サイレンの音質が違うかもしれませんが、気にする人は少ないでしょう。

しかし、めったに鳴らないサイレンだったらどうでしょうか?
たとえ遠くでサイレンがなったとしても、何が起きたのか気になり、遠くの放送に耳を傾けたり、知人に聞いたり、役所、警察、消防などに問い合わせしたりする人が増えるのではないでしょうか?
防災ラジオでも同様です。

それに、このジェイ・アラートの方が他の無駄な放送よりも音量が小さいのです。
非常時でない無駄な放送を大音量で行い、非常時の放送は小さい音量で・・
そんな馬鹿な運用をしている蒲郡です。

ついでに書きますが、
最近チャイムの鳴る時間が早くなりました、と言っても1秒から2秒ですが。
時間帯は変わりません。
今までは若干タイムラグがあったような気がしますが、最近では時間ほぼ丁度に鳴り始めます。
設備の更新なのか、時計の修正なのかわかりませんが、騒音チャイムをこれからもずっと続けていくという意思が伝わってくるようです。

蒲郡市ハザードマップ

本当は他のことを探していたのですが、とりあえず気になったことを書いておきます。
先ずはこちらをご覧ください。
http://www.city.gamagori.lg.jp/unit/anzen/hazardmap.html
この中の
東海・東南海地震ハザードマップ [PDFファイル/28.95MB]
ここをクリックしたけど何も表示されませんでした。
IEおよびFFで試しましたけど、どちらもだめでした。
私のPC環境のせいで見られないとしたら申し訳ないですが、他のサイト(PDF)は問題なく見られます。

でもその下に画像があります。
このままでは小さすぎてよく分からないので、クリックして拡大します。
こちらは拡大できました。
しかし、4分割の画像が表示されるだけで、自分が見たい位置に動かすことは出来ません。
地域名などの文字も完全に分割されてしまいます。
ものすごく見難いです。

まあなんというか、蒲郡市の無能さと言うか、やる気のなさと言うか、不親切というか、そんな感じです。
他のページの津波予想マップもこんな感じです。
いつものごとく、とりあえずやってますみたいな対応です。

ちなみに、こちらが隣の岡崎市のハザードマップです。
若干不鮮明ですが、全体が表示され、拡大もでき、文字が切れることもありません。
http://www.city.okazaki.aichi.jp/secure/2324/suigai3-4-3.pdf

行方不明者の放送

先日またありました。
それで、以前の記事に書きました「ポンポンポンポ~ン」の音量ですが、測定したわけでは無いですが、多分変わっていませんでした。
なんせ、耳栓をして寝ていても気づくぐらいの、相変わらずの爆音でしたから。
まあ、警察が本当に消防に連絡したかもわかりませんしね。

(追記)
多分今回は「発見されました」の放送はなかったと思います。
おそらく、夜遅かったからだと思いますけど、それなら最初から「発見されました」の放送はいらないでしょう。
例え発見後、似たような人を見たという通報があったとしても、その時に言えばいいだけです。
どうせ何十件も通報がくるわけでも無いでしょうし・・

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。