スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある市の会議録

防災無線は、その性格上、発信設備はもとより、各エリアに幾つものスピーカーを設置し、もちろんそれごとに費用もかさんでくるわけでございます。さまざまな情報も流せるわけではございますが、ラウドスピーカー、これによって強制的に流されるため、度が過ぎると、石川県のある町で――あえてある町と言いますけども――ここではしつこいとかうるさいとか、騒音迷惑防災無線と、そこまで言われてるような現状もございます。

また、大雨などの降雨時では、民家は戸を閉め切るため、防災無線では情報は伝わりません。
(一部抜粋)
http://www.city.takehara.lg.jp/data/open/cnt/3/1672/1/23-4teirei-1214.pdf

ここの市議の方はよくわかっていますね。
対して蒲郡市議は、未だにあ◯のままです。
この人達は学習能力が無いのでしょうか?
スポンサーサイト

長距離バス事故

バス事故受け、過労運転防止策の中間報告

国交省は夜間の高速ツアーバスで客を乗せている実車距離が一回に原則400キロを超える場合は交代の運転手を配置するなど、これまでの基準よりも厳しい対策案を発表した。
(一部抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120620-00000066-nnn-soci
少し前の事故ですが、随分話題になりました。
今更ですが、過労や居眠り運転の怖さを最認識させられる事故です。

で、その夜間の居眠り運転の原因を作っている一つが、言うまでもなく蒲郡市です。
規制を強化しても、居眠り運転を助長している市(町村)があるのですから困ったものです。
居眠り運転を推進していると言ったほうがいいでしょうか?

未だに、強制的に市民に聴かせる、大音量騒音時報チャイムは続いています。

その騒音塔のすぐ近くに新たに住宅が建てられているようです。
アパート及び一戸建て?
住民の方、大丈夫でしょうか?
位置からして、うちよりうるさいと思います。

資源ごみ回収

今日、「台風のため、明日の資源ごみ回収は中止します」と蒲郡市の広報車が回っていた。
あれ?と思い確認してみると、やっぱりうちの地域は明日ではない。
1週間ずれています。
明日の回収地域を調べてみると、うちとははるかに離れた地域。
あほすぎる蒲郡市職員。
こんな台風が来るときに何をやっているのか?
蒲郡市職員のレベルはこんなもんです。

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。